MENU

プランプポーションは鈴木えみリップになれる魔法のプランパー!

 

 

 

こんにちは!

先日、半世紀ほど遅ればせながらフィジシャンズフォーミュラーのプランプポーションを購入しました。

(アイハーブで1,026円でした。)

f:id:koharucosme:20180911115549j:plain

ヒツコスさんの記事を読んで気になっていたプランプポーション

www.hitsugicosme.com

 

私は小さい唇が悩みなので、アナゴ唇になれるというプランプポーションを使ってみたいと思い、愛用していたディオールのマキシマイザーからプランプポーションに浮気することに決めたのです。

www.ashitakireinina-re.com

 

って浮気宣言したのが今年の5月ー!

約4ヶ月もの間、浮気するする詐欺を繰り返し読者のみなさまを欺き続けてきた自分に引きまくっています。

もはや病気。

なんでこんなに時間が掛かったかというと…

プランプポーションを買おうと思いアイハーブを覗いてみる

欠品中の為しばらく待つ

販売再開したもののアイハーブを利用したことがない私。

せっかくなら送料無料になるまで買い物しようと思ったものの何買おう??となってしまい…(買い物には相当悩むタイプ)

ちゃんとアメリカから届くのかなーとか不安になり…(こういう時、悪運を引いてしまいやすい質)とまあこんな感じで、ズルズル来ちゃったわけなんです。

なんという瞬発力と決断力の無さ。

 

とにかく私にとって未知の存在だったプランプポーション

ズンズンドンドンBOSEばりの重低音でアナゴ唇にしてくれるプランパーらしいけど、一体どれだけの刺激を唇に感じるのだろうと妄想しまくり。(←早く買えっ)

佐川のお兄さんから荷物を受け取ると同時にゴリラばりに開封

佐)「ありが…」

私)「バリバリバリッ!」

 

口コミでは結構大きいという声もあったのですが、予想以上に大きくてびっくり!

アメリカは夢もコスメもビッグなのだ!

マキシマイザーと比べるとこんなに違います。

f:id:koharucosme:20180911122639j:plain

そして恐る恐る唇に付けてみると…

はじめは「結構スースーする!」なんて余裕だったんですけど、30秒経過したあたりから唇に尋常ではない刺激が!

ビリビリするー!!

さっきまで爽やかなメロディ奏てたのにサビの盛り上がり激しすぎぃー!!

スースーなんて甘いもんじゃない、ジンジン、ビリビリ、痺れるー。

一体、自分の唇どうなってるんだろうと思って慌てて鏡を見てみると、ぷっくり…いや、もはや腫れてるレベル。

この腫れるぐらいのぷっくり感がたまらないー!

ぷっくり唇大好きな私にとっては理想的。

 

じつは私、鈴木えみさんの唇が大好きなんです。

ボテっとした下唇、ハートみたいに丸くて可愛い上唇、ほどよい厚みと大きさ。

鈴木えみさんの唇すべてが理想的すぎる!

f:id:koharucosme:20180918083657j:plain

www.bing.com

f:id:koharucosme:20180909214915j:plain

www.bing.com

f:id:koharucosme:20180909214918j:plain

www.bing.com

あぁ、こんな唇になりたい。

 

それで、プランプポーションをつけてぷっくぷくになった唇が嬉しくてリップで遊んでいた時、何気なくマットリップをつけて鏡を見てみると、まるで別人のような唇がそこに映し出されていました。

腫れてボテっとした唇に色の魔法がかかった時、身の程知らずにも程があるのですが、「なんか、鈴木えみちゃんの唇みたい…」と、一瞬、ほんの一瞬、錯覚してしまった愚かな自分。

もちろん、私と鈴木えみさんの顔面偏差値は月とスッポン、雲泥の差、地球の裏と表くらい(いや、それ以上)違うのだけど、プランプポーションの魔法にかかると自分の唇も捨てたもんじゃないと思えてしまう不思議。

魔法のスティックならぬ魔法の鈴木えみリッププランパー。

鈴木えみさんの唇に憧れている方はぜひプランプポーション×マットリップを試してみてください。

えみちぃリップを体験できるはず。

 

私はピンクローズポーションというカラーにしたのですが、これ、わりと唇がピンク色になるんですね。

下地に使う場合はティッシュオフしているので問題ないのですが、唇が渇いたなぁって時にサッとリップの上から重ねたいので、普段使いにはリップの色を邪魔しないマキシマイザーがいいかなぁって思ってたんです。

だけど、ものの数時間プランプポーションを使わないだけで、あの痺れるほどの刺激とえみちぃリップを懐かしむ自分がいることに気付いたんです。

プランプポーションがないと落ち着かない、使いたくてソワソワしてしまう。

もはやプランプポーション中毒。

 

あと、プランプポーションの好きなところがもうひとつ。

プランプポーションを下地にした時のリップのフィット感がとんでもなく素晴らしい!

これまでにフィット感に感激したリップはスックのモイスチャーリッチリップスティックなんですが、それと似ています。

いや、それ以上と言っても過言でないかもしれません。

まるで吸盤かのようにリップが唇にピターっとくっつくので、塗っていてブレません。

おかげで綺麗なリップラインに仕上がります。

 

マキシマイザーや他の下地よりも密着力がはるかに高いのでリップのもちも抜群です。

マキシマイザーはプランプポーションに比べてスルスル塗れるのが良い反面、上に重ねたリップがズルズル動く感じがありますがプランプポーションは全くズルズルしません。

けどズルズルしないということはベタベタするということでもあり、このベタベタが苦手な方は結構いらっしゃるのではないかと思います。

だけどベタベタする分、保湿力はとても高く、唇が乾燥しやすい私にとっては良いです。

 

浮気相手だったプランプポーションだけど本気で好きになってしまいました。

それではまたー。