MENU

【日本化粧品検定】私が独学で一級に合格した勉強法を教えます!

 

 

 

こんにちは、小春です。

 

ここ最近人気の美容資格、日本化粧品検定。

私も昨年末に1級を受験して無事に合格しました。

f:id:koharucosme:20180420193832p:plain

f:id:koharucosme:20180420193654p:plain

毎年5月、11月と年2回行われる試験。

今年も試験日が近づいてきたため、資格取得を目指している方に向けて、私が独学で一級に合格した勉強法を解説していこうと思います!

 

 

 

 

日本化粧品検定について

日本化粧品検定はどんな資格?

日本化粧品検定とは、美容家の小西さやかさんが代表理事を務める一般社団法人日本化粧品検定協会が主催する美容資格。

化粧品を正しく選択、活用することを目的としたもので、美容業界で働く女性をはじめ美容好きの女性にとても人気の資格です。

最近は男性の受験者も増えてきているようで、実際、試験会場には男性も何名かいらっしゃいました。

 

誰でも受けれる3級から美容のプロを目指す1級まで!

日本化粧品検定は1~3級まであり、自分の目的に合わせて選択できます。

 

3級 自分の知識を正す

間違えがちな化粧品や美容の知識を学び、すぐに実践できる知識を習得。

 

2級 自分がキレイになる

美容皮膚学や様々な肌悩みに対する化粧品選び、メイク方法など美肌に導く美容知識を習得。

 

1級 化粧品の専門家を目指す

化粧品の成分、歴史、法律まで幅広い知識を習得。

 

3級は日本化粧品検定公式HPから誰でも無料で受けることができます。

問題内容や資格の雰囲気を知ることもできるので、ぜひチェックしてみてください。

無料で3級に挑戦してみる!

 

美容のプロ、コスメコンシェルジュとは?

日本化粧品検定1級に合格し、認定プログラムを受講することでコスメコンシェルジュ資格を取得することができます。

コスメコンシェルジュとは “あらゆる肌悩みに対して最適な化粧品を選び出せるプロフェショナル” 。

自分はもちろんのこと、仕事に活かしたり、家族や友人の悩みに応えてあげることができるまさに美容のプロです。

美容ライター、メイクアップアーティスト、サロン経営など様々な分野で活かすことができる資格です。

 

日本化粧品検定を受けようと思った理由

私が日本化粧品検定を受けようと思った理由は “美容を仕事にするため” でした。

現在は一時離脱中ですが、以前は美容整体師として働いていました。

やはり美容が好きなので再び美容業界で働きたいと考えており、転職に役立つ資格を取得しようと思ったことが一番の理由です。

そしてもう一つ、自分の美容知識を深めたかったからです。

コスメが好き、美容が好きといっても、スキンケアやメイクなど自己流な部分が多く、基礎的な部分にあまり自信を持てていなかったため、きちんと基礎を身につけようと思ったのも理由です。

 

私流の勉強法 ~2級編~

2級の勉強期間は約2ヶ月!

日本化粧品検定を受けると決めてから、まず悩んだのが何級を受けるかでした。


2級を受けて、受かったら1級に進むのか…

それとも、1・2級併願で受けるかのか…
はたまた、1級のみに絞るのか…


私は5月末の試験に向けて3月末から勉強を始めたので、勉強期間は約2ヶ月程でした。
約2ヶ月あるといっても週5日フルタイムで働いているので、1・2級併願だと勉強時間が足りなくて受かるか不安だし、1級と2級では出題範囲が違うので1級のみの受験では2級の知識が身に付かないと思い、悩んだ結果、2級→1級と進んでいくことに決めました。

 

受験には公式テキストが必須!

受験を決めたら、用意すべきは日本化粧品検定の公式テキスト。

試験内容は公式テキストから出題されるので、テキストの用意は必須です!

 

テキストは書店、日本化粧品検定公式HP楽天Amazonなどで購入することができます。

 

 

 

テキストはイラストがとても多く、十数年ぶりの勉強でしたが楽しみながら学ぶことができました。

重要な部分は赤字になっており、チェックシート(電車とかで受験生がよく使ってる赤いアレ)が付属で付いてくるので暗記に役立ちます。

日本化粧品検定の公式キャラクターここちゃんが試験に出そうなポイントを教えてくれているので効率的に勉強することができます。

 

問題集を使って合格率アップ!

1・2級それぞれに対応した問題集も用意されています。

ですが、私は2級受験の時に問題集を使いませんでした。

テキストを読み込めばイケるはずという謎の自信から使わなかったのですが、受験してみて思ったのは 問題集は使った方がいいです!

というのも、試験内容はひっかけ問題風に出されていたり、こんなマニアックなところ出題するの!?というような意表を突いた問題が多いこと、多いこと(汗)

公式テキストから出題されるなら、公式テキストをまるっと覚えれば大丈夫と思っていた私の考えは甘く、試験中かなりあたふたしてしまいました。

なんとか受かったから良かったものの(多分、合格点ギリギリだと思う)、かなり無謀なチャレンジをしたもんだと自分でも思っています。

 

問題集があれば出題傾向を知ることができ、効率良く復習することもできます。

2級受験で問題集を使わなかった私が言うのは非常に説得力がないのですが…

私のように本番であたふたしないためにも問題集を使った勉強法をおすすめします!

問題集は日本化粧品検定公式HPで購入できます。

 

2級合格までの具体的な勉強方法

私の勉強法はいたって単純です。

ひたすら暗記!暗記!暗記!

テキストを隅から隅まで覚える!

これに尽きます。

試験内容はテキストから出題されるので、とにかく繰り返し、繰り返しテキストの内容を覚えることが合格への一番の近道だと思います! 

 

ただ暗記するといっても、いろんな方法で暗記しました。

テキストを読み込んで覚える!

理解していない部分、腑に落ちていない部分はノートにまとめて覚える!

まとめたノートをさらに読み込んで覚える!

 

仕事に行く時も遊びに行く時もテキストは必ずバッグに入れておいて、少しでも隙間時間を見つけては暗記、暗記、暗記ー!

少なくとも10回は読んだんじゃないかなぁと思います。

おかげで試験が終わった時、テキストはボロボロでした(笑)

f:id:koharucosme:20180420193646j:plain

隙間時間をちょこちょこ見つけて勉強していたのですが、一日のトータル勉強時間は2時間くらいだったと思います。

休日はノートにまとめたりして、もう少し長く勉強していました。

けれど根詰めると心にも体にも良くないので、楽しみながら勉強しようと心掛けていて、仕事で疲れた日は勉強せずに寝る日もありました。

 

2級はスキンケアやメイクの基礎など好きな分野が多く、楽しみながら勉強することができました。

勉強で一番むずかしかったのが皮膚についてでした。

なかなか頭に入ってこなくて勉強中も苦労したのですが、試験でもひっかけ問題にまんまと引っ掛かりました…

試験中「あぁ~問題集買っておけばよかったよぉ~ 泣」と後悔しました。

問題集、ぜひ用していただくことを激しくオススメいたします。

 

私流の勉強法 ~1級編~

1級の勉強期間は約3ヶ月!

1級になるとテキストが一気にぶ厚くなります。

文字数が増え、内容も一気に難しくなります。

1級では化粧品の成分を覚えなければいけないので、日頃は目にしないような横文字がめちゃくちゃ増えます!

一番びっくりしたのは “セテアラミドエチルジエト二ウムサクシノイル加水分解エンドウタンパク” を目にした瞬間!

「こんなん覚えるのかーい(白目)」

2級受験のノリで楽しく学ぼうと思っていた私は「こ、これは…かなり気合を入れないと無理だわ…」と一気に焦りモードに!

2級では勉強期間は約2ヶ月でしたが、1級では3ヶ月前から勉強を始めました。

受験料も安くはないし、一発合格目指してちょっと長めに勉強期間を設けました。

 

1級合格までの具体的な勉強法。

1級も難易度が上がるとはいえ、公式テキストから出題されることには変りはないので、基本的には2級と同じくひたすら暗記、暗記、暗記!で勉強しました。

2級受験の時に問題集の大切さを身に沁みるほど実感したので、1級では問題集も購入しました。

そして、全問正解するまで解き続けるということを実践していました。

 

具体的には、このような感じで勉強していました。

テキスト内容を理解するまで繰り返し読む

2~3回全体を読んだあと、チェックシートを使って暗記しているか確認。

 

理解を深めて、腑に落とすためノートにまとめる

テキスト内容を覚えることができても、本当に理解していなければテスト前夜の一夜漬けと一緒です。

その時だけ覚えても、テストが終わった瞬間に忘れてしまってはもったいないですよね。(と書いておきながら、ほとんど一夜漬けだった学生時代…すみません)

理解を深めておけば、試験当日に緊張していても落ち着いて解くことができますし、ひっかけ問題が出されても引っ掛かる確率もグッと減ると思います。

 

問題集を解いてみる!

ノートにまとめたら、ここで問題集の登場です!

きちんとテキスト内容を理解しているか確認するために問題集を解いてみましょう!

覚えている、理解しているつもりでも、テキストとは違ったニュアンスで出題されると「あれ?これってどうだっけ?」となり、まだ理解できていない部分が見えてきたりします。

理解できていない部分=自分の弱点なので、どこを強化して勉強したらよいのかを知ることもできます。

 

問題集で間違えた部分はもう一度まとめてみよう!

問題集で間違えたところ=理解していない部分です。

その部分に関しては徹底的にまとめ直していました。

テキストを読み返して理解できていないポイントを確認、まとめたノートを読み返し、さらに重要ポイントだけに絞ってまとめ直すということをしていました。

 

ひたすら①~④を繰り返し、全問正解するまで問題集を解く!

あとはひたすら①~④の繰り返しです!

そして、問題集を全問正解できるようになるまでひたすら繰り返します。

 

2級を受けた時の楽しく学ぼうなんてノリは1級ではこれっぽっちもなく、かなり真剣に勉強しました。

それくらい覚えることが多かったです。

とくに難しかったのが化粧品に関する法律について。

普段触れることがない分野なので、言葉のひとつひとつが難しく、理解するのに苦労しました。

 

受験当日の様子

そして迎えた受験当日。

受験会場はオシャレで可愛い女子達で溢れかえっておりました。

ここにいる方達も試験に向けてがんばってきたんだろうなぁと思ったら、面識もないのに「一緒にがんばりましょう!」って仲間意識を抱いてしまいました。

男性も意外と多くいらっしゃいました。

受験してみたいけど恥ずかしいと思っている男子諸君!

恥ずかしがることなかれ、仲間はいっぱいいましたよ。

 

そして、実際に受験してみて感じたことについて。

勉強するにあたって参考になるのではないかなと思うポイントです!

 

テキストの重要ポイントは意外と出題されない?

2級受験で思ったことですが、テキストで日本化粧品検定のキャラクターここちゃんが重要ポイントだよって教えてくれている部分を重点的に覚えていったのですが、案外その部分が出題されなくて、あれ?あれれ?ってなりました(汗)

なので重要ポイントに絞らず、テキスト内容を隅から隅まで覚えた方が良いです!

 

1級では2級の問題も多く出題されます!

1級では2級の範囲も出題されるので復習したのですが、復習が甘かったです…

2級の範囲が出題されるって言っても「まあ2~3問でしょ!」なんてたかをくくっていたら、思いのほか多く出題されて「あぁー!もっと2級の復習しておけば良かったー!」ってなりました…チーン

1級を受験される方は、2級の復習も念入りにやった方が良さそうです!

 

効率の良い勉強法は人それぞれだと思うので、私の勉強法が役に立つかわかりませんが参考になれば嬉しいです。

受験を控えている方は合格目指してがんばってください!

それでは、またー。