あしたキレイになあれ

キレイになりたいアラサーの美容手帖

MENU

【むくみ】クラランス・アンティオー(マッサージオイル)の使いきりレビュー!

 

 

 

こんにちは、小春です。

 

小学生の頃からずーーーっと脚のむくみに悩まされてきた私。

朝と夜では別人のように脚の太さが変わるほどで、毎晩のオイルマッサージが欠かせません。

そんな私が愛用しているマッサージオイルはクラランスのアンティオー。

f:id:koharucosme:20180518224208j:plain

今日は、かれこれ3本目のリピートとなるアンティオーの使いきりレビューをしていきたいと思います。

 

 

 

 

結果を出すならアンティオー

クラランスと言えばアンティオーというくらい人気のボディオイル。

これまでヴェレダのホワイトバーチやエルバビーバのシェイピングオイルを使ってきましたが、いっっっちばん効果を感じたのはアンティオーでした。

 

私はいつもお風呂に入りながらマッサージをするのですが、マッサージをしている最中に利尿作用を感じるほど。(汚い話ですみません)

利尿作用があるということは体内の余分な水を排出しようとしている=むくみが改善されているということなので効果の証だと思っています。

これほどまでに即効性のあるオイルはアンティオーがはじめて。

 

本っっっ当にパンパンの時は寝ないと改善されないということもありますが、

これまで寝ても改善されないことが幾度となくあった私にとっては驚きの効果です。

 

本来であればアンティオーを塗ってきちんとマッサージするべきなのですが、疲れてベッドにダイブしたい時もありますよね?

そんな時、ちゃちゃちゃーっとマッサージしただけでも(塗って終わりの時もあります…)翌朝には脚がスッキリ軽くなっているので本当にすごい。

 

そして、アンティオーを使い続けて3本目になりますが、昔よりむくみにくくなったのもすごく嬉しいです。

 

コスパ良しのマッサージしやすいテクスチャー

アンティオーは少しとろみのあるオイル。

このとろみ感がブヨブヨにむくんだ部分をつまみやすく揉みしだきやすくしてくれているので、とてもマッサージしやすいです。

 

固くて伸びの悪いオイルはマッサージしにくいうえコスパが悪い、かと言ってサラッとしているとマッサージが終わる前に浸透してしまうという問題点がありますが、アンティオーは “とろっとしていて浸透しにくいのに伸びが良い” という良いとこ取りのオイル。

(ちなみにホワイトバーチが一番サラッとしていて、シェイピングオイルが一番こってり、アンティオーはその中間です。)

 

使用量は片足500円玉くらい。

内容量は100mlと小さめですが、少ない量でよく伸びるので毎日使っても2ヶ月はもちます。

コスパの良さもありがたい!

 

私流マッサージ方法

私がマッサージする際に気を付けていることは “濡れた状態” ですること。

コスパ面を考えても濡れた状態のほうが伸びが良いのでおすすめです!)

 

www.youtube.com

 

アンティオーに限らずどのオイルにも言えることなのかもしれませんが、濡れて肌がやわらかくなった状態でオイルを塗ったほうが馴染みやすく、より早い効果を実感できるような気がします。

 

乾いた状態では全く効果がないわけではありませんが、濡れた状態と比べた時に有効成分がどんどん中に入っていく感じ=マッサージ中に感じる利尿作用、脚の軽さが全然違います。

 

実際にやっているマッサージはこんな感じです。

股関節ストレッチ+股関節と膝裏のリンパ節を揉みほぐす

足裏、足の甲をゴリゴリほぐす

足首→ふくらはぎ→太ももの順番で流していく

 

①をきちんとやってからマッサージすると効果が全然違います!

③では膝裏と股関節のリンパ節にグーっと水分を押し込むのがポイント。

ぜひやってみてください。

 

むくみを根本的に改善するには血流を良くするために運動で筋肉量を増やしたり、塩分を取り過ぎないように食事管理をすることが大事ですが、日々それらに取り組んでいてもホルモンバランスなどでどうしてもむくんでしまう時もありますよね。

そんな、どうしようもないむくみがある時こそアンティオーの出番。

むくみ対策に欠かせないアンティオーはこれからもずーっと使い続けると思います。

 

アンティオーが気になるという方に朗報!

クラランスのオンラインショップでお買い物するとお好きなサンプルを3個まで貰うことができるそうですよ。

お買い物予定がある方はぜひアンティオー試してみてください♪