MENU

【筋トレ】バーレスクのアギレラボディになりたい。

 

 

 

こんにちは。

 

最近、本格的に筋トレを始めました!

理由は単純にカラダのラインが崩れてきたから。

バストが下がってげっそりしてきたデコルテ、お肉のついてきたお腹、垂れ下がったヒップ…

これはマズい!

いかん、いかーんと思い、始めました。

大の運動音痴で小学校から高校まで体育の成績はアヒルさん(2)だった私ですが、自分の体の変化が楽しくって運動苦手にもかかわらず続いています。

 

私のなかで理想の体型というのがあって、それが映画バーレスクの時のクリスティーナ・アギレラなんですね。

f:id:koharucosme:20180904194741j:plain

www.bing.com

バーレスク大好き!

アギレラのパワフルな歌声も、アギレラ演じる主人公アリが夢を叶えるために奮闘する姿も、ダンスも衣装も何もかも、バーレスクの全てが大好きです。

観たことない方はぜひ!

 

バーレスク出演前から激太りとダイエットを繰り返していたアギレラですが、この時の彼女のプロポーションは神がかってます!

f:id:koharucosme:20180904194839j:plain

www.bing.com

出るとこは出て、引っ込むところは引っ込んでいるというナイスバディ!

全体的にムッチリとしたお色気ムンムングラマラスボディより、線は細いけどメリハリがあって、太ももや二の腕にはほどよく脂肪のついているほうが女性らしくて好きです。

f:id:koharucosme:20180904194937j:plain

www.bing.com

でね、ここはぜひバーレスクを観てアギレラの神ボディをチェックしていただきたいのですが、膝下はキュッと引き締まってるのに太ももはむっちり、ウエストから腰にかけてはキュキュキュっと引き締まっているのにヒップはプリっとしているという私の理想のボディなんです!

顔の小ささ、肩幅の狭さ、手足の長さと欧米人と日本人の骨格がいかに違うのかということをまざまざと見せつけられる残酷な映画でもありますが…

欧米人は骨格が縦長だけど、日本人は横長なんですよね。

上から見た時に欧米人はOで日本人は楕円。

アギレラも骨格が縦長でO、内側にギュっと詰まってる感じがすごいわかる!

骨格は変えられないけれど、その周りの筋肉をなんとかして出来る限り近づきたい!

 

アギレラがどうやってこのバーレスクボディを手に入れたかというと、『フレッシュ・ダイエット』というダイエット専門の食事をデリバリーして、1日の総摂取カロリーを1600kcalに留めていたんだそう。

さらに代謝を高めるためにヨガなどの運動にも取り組んでいたんだってー。

セレブのダイエットってもっとお金の掛かるすごいことしてそうだったから(ダイエット専門食をデリバリーしている時点ですごいけど)、食事制限と運動っていう基本的なことだったので意外でした。

食事制限と運動ならパンピーの私でもできるぞ!

必要なのは忍耐、根性、気合いだー!

 

それで私がアギレラボディを夢見て鍛えている部位はデコルテ、お尻、お腹の3か所です。

ジムに通ったり、パーソナルトレーニングを受けているわけではなく、自宅で時間のある時にちょこちょこやってる感じです。

洗濯が終わるのを待ってる間、お風呂を沸かしてる間とか隙間時間を見つけてはちょこちょこちょこちょこ。

大胸筋を鍛えてデコルテをモリモリにするために主に腕立て伏せを、ヒップアップのためにバックキック、下腹部を鍛えるためにレッグレイズをメインにやっています。

ボン、キュッ、ボン!

(筋トレについてはあらためて書きたいと思います。)

 

ここからはただのアギレラ推しになるんですが、バーレスクアギレラはスタイルだけでなく全てが可愛いんです!

金髪ストレートも可愛いし(個人的に濃いめのメイクよりもナチュラルメイクのアギレラが好き)、

f:id:koharucosme:20180904184540j:plain

www.bing.com 

金髪ボブもめっちゃ似合ってて可愛い!

f:id:koharucosme:20180904184543p:plain

www.bing.com 

あー、好み過ぎる。 

 

中でも私が一番好きなのがこのシーンのアギレラ


www.youtube.com

ざっくりとしたサマーニットにデニムパンツというカジュアルな服装もスタイル抜群のアギレラが着るとめちゃくちゃ可愛いくてセクシー!

こういうシンプルな服装こそスタイルが良くないとキマらないですもんね。

ゆるっと結んだポニーテールも可愛いー。

めちゃくちゃパワフルな歌声にしびれるのでぜひ聴いてみてください!

 

それではパンプアップ、パンプアップ!

さようならー。