あしたキレイになあれ

キレイになりたいアラサーの美容手帖

MENU

白目が綺麗だと美人に見えるということを知ってから私が愛用している目薬たち。

 

こんにちは、小春(@koharucosme)です。

 

今日はタイトル通り、私が愛用している目薬をご紹介したいと思います。

前置きが長くなりそうなので、先に使っている目薬を紹介しておきますね。

 

私が使っている目薬たちはこちら!

f:id:koharucosme:20180526201928j:plain

左:ロートアルガード

右:バイシン充血クリア

 

どちらもドラッグストアで手軽に買えるものですが、充血にはこの2つがめちゃくちゃ効果的です!

さした瞬間、充血がサッと引いて、白目が青白いほど綺麗に見えます。

 

私はもともとドライアイなどで困ったこともなく、目薬の必要性をあまり感じていなかった為、これまでまともにアイケアをしたことがありませんでした。

 

そんな私が目薬を日常的に使うようになったのはここ1~2年のこと。

美容家の神崎恵さんの著書 “神崎恵のPrivate Beauty Book” を読んだのがきっかけです。

 

この本には日頃から神崎さんが愛用しているコスメ達が惜しげもなく紹介されているだけでなく、メイク方法・スキンケア方法・食生活など、まさにプライベートな部分が垣間見れる一冊となっていて、神崎教の私は見ていてワクワクが止まりません。

コスメ選びに悩んだ時やお手入れがおざなりになっている時に何度も読み返している私の美容バイブルです。

 

 

それで、この本のP57で神崎さんが『白目の白さの効能』と題して、日頃から愛用されているアイケアグッズをご紹介されているのですが、そこにはこんな文章が…

ほんの少し充血しているだけで、くすんで見せる影響力のある目だからこそ、いくつになっても透明感と潤いはしっかり保持していたい。

目が合っただけでも、どうしようもなく引き寄せられるのは、白を超えてほのかに青みを感じる白目。

鮮度の悪い女にならないよう、目の透明感を育てるケアを投入する。

引用元:神崎恵のPrivate Beauty Book

まともにアイケアをやってこなかった私。

「ほんの少しの充血? あるある!

 ほのかな青み? そんなのない!!

 え、ちょっと待って、鮮度の悪い女まっしぐら??」

と、自分の美意識の低さに愕然として血の気が引いたと同時に「目の透明感育てたい!」と思ったんです。

 

 

 

神崎さんの著書のタイトルのように『すれ違いざまいに恋に落とす』までいかずとも、目の綺麗な人だなぁと思われたい。 

そう思った私は、このページで紹介されていたバイシンを急いで買いに行きました。

 

長ーい前置きでしたが、ここから目薬を紹介していきます。

 

 Visine(バイシン)充血クリア

f:id:koharucosme:20180523224706j:plain

武田製薬から発売さているバイシン。

神崎さんがおすすめされていて、私も愛用しているのが充血クリアタイプです。

特長 

塩酸テトラヒドロゾリンが充血に優れた効果を発揮します。

 

効能・効果

結膜充血、目の疲れ、眼病予防(水泳のあと、ほこりや汗が目に入ったときなど)、ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感、目のかすみ(目やにの多いときなど)

 
成分・分量
塩酸テトラヒドロゾリン 5mg(10ml中)

※添加物として、ホウ酸、ホウ砂、ベンザルコニウム塩化物液、エデト酸Na、pH調整剤、等張化剤を含有します。

 

引用元:Visine公式サイト

使ってみた感想ですが、こんなに早く?っていうくらい 即、充血がとれます!

寝不足、目にゴミが入ったなど、ちょとした充血なら1回させばとれるくらいの即効性。

『充血とるならバイシン』って謳ってるだけあり、これさえあれば充血問題は解決!

いつもメイクポーチに入れていて、気になった時にすぐさせるようにしています。

さし心地は一瞬スーッとする程度で刺激は強くないので、清涼感の強い目薬は苦手という方でも使いやすい思います。

 

 

これからの季節にピッタリなUVタイプも。

私は紫外線で目が痛くなりやすいのこれも使ってみようかなと思っています。

 

 

 

ロート アルガード

f:id:koharucosme:20180523225443j:plain

もう1つは、ロート製薬から発売されている『目のかゆみにはアルガード♪』でおなじみのロートアルガード

鼻水ズルズル、お薬を飲まないと無理!というレベルではないのですが、毎年2月になると花粉で目がかゆくなって充血するので、その対策用目薬です。

(たしかMAQUIAの花粉対策特集で紹介されていました)

 

全10種類あるアルガード製品のうち、ロートアルガードは一番スタンダードなタイプ。

かゆみを抑えて充血をとるというポイントを押さえつつ、刺激の強すぎないさし心地で使いやすさもあるので、アルガードでどのタイプを使えばいいか迷った時はこれがおすすめ。

ロートアルガードについて

クロルフェニラミンマレイン酸塩が目のかゆみを取り除き、グリチルリチン酸ニカリウムが抗アレルギーと抗炎症作用を発揮、塩酸テトラヒドロゾリンが充血を除去します。

さらに目に栄養を補うビタミンB6も配合しました。
防腐剤フリー処方を採用。

花粉でデリケートになった目にもおすすめの花粉対策のスタンダードな目薬です。すっきりクールなさし心地です。

効能・効果
目のかゆみ、結膜充血、眼瞼炎(まぶたのただれ)、目のかすみ(目やにの多いときなど)、眼病予防(水泳のあと、ほこりや汗が目に入ったときなど)、紫外線その他の光線による眼炎(雪目など)、目の疲れ、ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感

 

有効成分
●グリチルリチン酸ニカリウム 0.25%

●クロルフェニラミンマレイン酸塩 0.03%

●塩酸テトラヒドロゾリン 0.01%

●ビタミンB6 0.1%
※添加物として、ホウ酸、ホウ砂、等張化剤、l-メントール、d-カンフル、d-ボルネオール、エデト酸Na、ポリソルベート80、pH調節剤を含有します。
※防腐剤(ベンザルコニウム塩化物、パラベン)を配合していません

引用元:ロート製薬公式サイト

使い心地ですが、これまた即効性がすごいんです。

さしたら 即、目のかゆみを抑えてくれます!

本当に信じられないくらいあっという間で、私のような軽度のかゆみにはこれで充分です。

もちろん充血もとってくれるので、花粉時期にはバイシンからアルガードに切り替えて白目の透明感を守っています。

 

 

はじめは無頓着だったアイケアですが、白目に透明感があるとメイクが映えるということがわかった今では目薬が手放せません。

特にアイメイクの仕上がりが全然違います!

白目が綺麗なだけで驚くほど洗練されたメイクに仕上がるのでぜひ試してみてください♡