あしたキレイになあれ

平凡なアラサーコスメオタクの美容雑記ブログ

MENU

自分に似合うチークの種類と選び方! ~肌質・仕上がりで選ぶ~

 

チークを塗ってもすぐとれてしまう。

チークをのせると肌がカサついたり、テカってみえてしまう。 

 

こんな悩みがある方は、チークが合っていないのかもしれません。

自分に合ったチークをつけると、肌が綺麗にみえたり、印象がぐっと良くなります。

 

今回はチーク選びに迷わないために、チークの種類と自分に合った選び方をご紹介していきます。

f:id:koharucosme:20180202100656j:plain

 

チークの役割

メイクでは必ずといっていいほどチークをいれますが、それはチークに重要な役割があるからなんです。

 

・血色を良くみせる

・小顔にみせる

・顔にメリハリをつける

・顔のバランスを良くみせる

・輪郭を綺麗にみせる

 

チークひとつでこれだけの役割を担っています。

メイクをしていても、チークをいれた途端に顔が変わるのも納得ですね。 

 

チークの種類

チークには大きく分けて3種類あります。

 

【パウダータイプ】最も一般的なチーク

【クリームタイプ】練りチークともいわれる 

【リキッドタイプ】瓶に入っていて筆でつけるもの

  

それぞれ特徴があり、仕上がりの印象が違ってきます。 

 

パウダータイプ

f:id:koharucosme:20180213184745j:plain

●特徴

・3種類の中で最もマットな質感

・カラーをブレンドして使うことができる

 

●仕上がり

・ふわっとしたやわらかな雰囲気になれる

・すべすべとした、触り心地のよさそうな肌を演出してくれる

 

●注意点

・粉っぽくカサカサしやすい

・落ちやすい

 

●使い方

チーク用ブラシつける

 

●塗る順番

【パウダーファンデーションの場合】

①パウダーファンデーション

②パウダーチーク

 

【リキッドファンデーション・クリームファンデーションの場合】

①リキッドファンデーション・クリームファンデーション

②ルースパウダー

③パウダーチーク

 

●こんな方におすすめ

・脂性肌の方

・メイク初心者の方

・メイクのべたつきが気になる方

・優しい印象に見せたい方

 

www.ashitakireinina-re.com

 

www.ashitakireinina-re.com

 

クリームタイプ

f:id:koharucosme:20180213174725j:plain

●特徴

・3種類の中で最も油分が多い

・密着感が高く落ちにくい

 

●仕上がり

・自然な艶肌を演出してくれる

・いきいきとした若々しい肌にみせてくれる

 

●注意点

・濃淡の調整がむずかしい

・つけ過ぎると修正がむずかしい

 

●使い方

指またはスポンジを使って少しずつ塗り重ねていく

 

●塗る順番

【パウダーファンデーションの場合】

①化粧下地

②クリームチーク

③パウダーファンデーション

 

【リキッドファンデーション・クリームファンデーションの場合】

①リキッドファンデーション・クリームファンデーション

②クリームチーク

③ルースパウダー

 

●こんな方におすすめ

・乾燥肌の方

・血色感がほしい方

・自然な艶肌になりたい方

・メイクのもちを良くしたい方

 

www.ashitakireinina-re.com

 

リキッドタイプ

f:id:koharucosme:20180130125435j:plain

●特徴

・水分が多く伸ばしやすい

・ティント効果のあるものもある

 

●仕上がり

・うるおいのある艶やかな肌に見せてくれる

・自然な血色感をだしてくれる

・透明感のある肌に見せてくれる

 

 ●注意点

・濃淡の調整がむずかしい

・つけ過ぎると修正がむずかしい

 

●使い方

付属のブラシやアプリケーターで少しずつ塗り重ねていく

 

●塗る順番

【パウダーファンデーションの場合】

①化粧下地

②リキッドチーク

③パウダーファンデーション

 

【リキッドファンデーション・クリームファンデーションの場合】

①リキッドファンデーション・クリームファンデーション

②リキッドチーク

③ルースパウダー

 

●こんな方におすすめ

・乾燥肌の方

・透明感がほしい方

・うるおいのある艶肌に見せたい方

・メイクのもちを良くしたい方

 

www.ashitakireinina-re.com

 

自分に合ったチークを選ぶには、自分の肌質を知ることが重要です。

乾燥肌にパウダーチークをのせてしまうとカサつきの原因になることもあります。

逆に、脂性肌にクリームチークをのせるとメイク崩れを引き起こしてしまうこともあります。

 

どんな肌質に見せたいのか、どんな印象をもってもらいたいのか。

なりたいイメージを明確にすることで、チーク選びも迷いにくくなります。

 

ぜひ、自分に合ったチークを見つけてくださいね。