あしたキレイになあれ

平凡なアラサーコスメオタクの美容雑記ブログ

MENU

メイク上手に見えるチークとリップの組み合わせ

 

チークとリップはつけるだけで可愛くなれる魔法のアイテム。

ですが、使い方に気をつけないと野暮ったく見えてしまうことも。

 

チークもリップも欲張りすぎてメイクが濃くなってしまう

リップとチークの色がちぐはぐでゴチャゴチャしてしまう

今回は、そんな悩みを解決するチークとリップの方程式をご紹介していきます。

 

その1 チークとリップの色を合わせる

一番簡単にできるのが、チークとリップの色を合わせること。

 

チークがピンクなら、リップもピンクで合わせる。

チークがオレンジなら、リップもオレンジで合わせる。

チークがレッドなら、リップもレッドで合わせる。

 

色の系統を合わせることでメイクに統一感が生まれます。

まったく同じ色にする必要はなく、ピンク系・オレンジ系・レッド系と色味が揃っていれば大丈夫です。

 

その2 ブルーベース・イエローベースで統一する

色には大きく分けて、ブルーベースとイエローベースがあります。

 

ブルーベース

・青色ベースの色

・青色フィルターがかかったような涼し気な色

 

【イエローベース】

・黄色ベースの色

・黄色フィルターがかかったような暖かみのある色

 

ひとくくりにピンクといっても、ブルーベースのピンクとイエローベースのピンクがあります。

せっかくリップとチークの色を合わせても、ベースの色が合っていないとチグハグな印象になってしまいます。

 

 

私の手持ちのチークとリップをブルーベースとイエローベースでわけてみました。

色の違いが一目瞭然かと思います。

 

ブルーベース

f:id:koharucosme:20180202104701j:plain 

左上:ヴィセ リシェ リップ&チーク クリーム (RD-6 ベリーレッド)
左下:ADDICTION チークポリッシュ(027 サスピシャス)
右上:ADDICTION チークブラッシュ(35 Chelsea Rose)
右中:ADDICTION チークブラッシュ(33 Sweet Dreams)
右下:ADDICTION チークブラッシュ(04 Amazing)

 

f:id:koharucosme:20180202174854j:plain

左から

CHANEL ルージュココシャイン(118 エナジー
CHANEL ルージュココシャイン(61 ボヌール)
LANCOME ラプソリュルージュ(C377)
CHANEL ルージュココ(424 エディス)


www.ashitakireinina-re.com

 

【イエローベース】

f:id:koharucosme:20180202114553j:plain

左:ヴィセ リシェ リップ&チーク クリーム(RD-1 ピュアレッド)
中上:ADDICTION チークポリッシュ(11 Autumn Afternoon)
中下:ADDICTION チークポリッシュ(12 Emotional)
右上:ADDICTION チークブラッシュ(12 Good Girl)
右中:ADDICTION チークブラッシュ(36 Behind the Veil
右下:ADDICTION チークブラッシュ(06 Revenge) 

 

f:id:koharucosme:20180202123917j:plain

左から

SUQQU モイスチャーリッチリップスティック(01 夕奏)
THREE ベルベットラストリップスティック(14 BEAT OF MY HEART)
LANCOME ラプソリュルージュ(C124)
CHANEL ルージュココ(466 カルメン

 

www.ashitakireinina-re.com

 

www.ashitakireinina-re.com

 

わかりやすいように、ブルーベースとイエローベースで統一したメイク写真もご紹介します。

 

ブルーベース

CHANELボヌール + ADDICTIONサスピシャス

f:id:koharucosme:20180202131813j:plain

f:id:koharucosme:20180202131814j:plain

 

www.ashitakireinina-re.com

 

CHANELエディス + ADDICTIONサスピシャス

f:id:koharucosme:20180202131817j:plain

f:id:koharucosme:20180202131821j:plain

 

CHANELエナジー + ヴィセ リシェ ベリーレッド

f:id:koharucosme:20180202131824j:plain

f:id:koharucosme:20180202140528j:plain

 

www.ashitakireinina-re.com

 

【イエローベース】

SUQQU夕奏 + ADDICTION Good Girl

f:id:koharucosme:20180202141358j:plain

f:id:koharucosme:20180202141400j:plain

 

www.ashitakireinina-re.com

 

LANCOME C124 + ADDICTION Good Girl

f:id:koharucosme:20180202140527j:plain

f:id:koharucosme:20180202141402j:plain

 

LANCOME C124 + ヴィセ リシェ ピュアレッド

f:id:koharucosme:20180202141404j:plain

f:id:koharucosme:20180202141405j:plain

 

ベースの色を合わせるだけでメイク上級者にみえるので、周りからも一目置かれる存在に。

 ベースの色が合っていれば、ピンク×レッド、ピンク×オレンジといった違う色のリップとチークを合わせて楽しむこともできるので、メイクの幅が広がります。

 

その3 濃淡の足し算、引き算をする

色の組み合わせと同じくらい重要なのが、色の濃淡を調整すること。

せっかく色味を合わせても、チークもリップも濃かったらやりすぎメイクになってしまいます。

 逆にどちらも薄すぎるとせっかくのメイクも印象に残らなくなってしまいます。

 

メイク上手に見える、バランスの良い組み合わせは3パターン。

 

①チーク濃 × リップ薄

f:id:koharucosme:20180214164339j:plain

チークを強調したメイクは少女らしい可愛らしい印象に仕上がります。

さらに可愛く見せたい方は、パウダーチーク×グロスの組み合わせがおすすめです。

 

②チーク薄 × リップ濃

f:id:koharucosme:20180214164343j:plain

顔の中でも官能的なパーツである唇を強調すると色っぽさのある大人な雰囲気に仕上がります。

リップを中途半端な色にしてしまうと顔色が悪く見えてしまうので、深みのある赤系リップがおすすめです。

はっきりとした赤リップの場合は潔くチークを抜くと大人かっこよく仕上がります。

 

 チーク薄 × リップ薄

f:id:koharucosme:20180214164340j:plain

ナチュラルに仕上げたい時はチークもリップも薄めがおすすめです。

ただし薄すぎて血色感が感じられないようでは、せっかくのメイクが台無しに。

ナチュラルメイクの時は自分の顔色が良く見える色を選ぶようにしましょう。

 

 

チークとリップの方程式さえ覚えれば、誰でも簡単にメイク上手に見せることができます。

苦手意識のあった色も方程式にあてはめて使いこなせるようになれば、メイクのバリエーションもぐっと広がります。

ぜひ、いろんな色にチャレンジしてメイクを楽しんでくださいね。